志多ら
サイトマップ English

志多らとは

志多らは、伝統芸能の宝庫、愛知県奥三河を拠点に活動する、プロの創作和太鼓集団です。
地域に根を張ることで生きた文化の礎にふれ、伝統を受け継ぎながら新たな文化を創造しています。

チームの結成直後、縁あって愛知県北設楽郡東栄町の廃校になった東薗目小学校をお借りし、稽古場・生活の場とすることでメンバーも移住し、東栄町民となりました。
そのことがきっかけとなり、地域の祭りなどの様々な行事にも参加しました。

今では国の重要無形民俗文化財「花祭り(東薗目)」に「志多ら舞」を毎年奉納しています。
本物の伝統文化を担う一員となった志多らは、祭りを受け継ぐ人々の思いに直接触れることができ、舞台創作活動における重要な力をいただくこととなりました。

「人は何故、祭りを受け継ぎ、未来に伝えていこうとするのか?」
伝統文化である民衆の祭りは、地域のアイデンティティーを創りだす最も大切な役割を持っていると感じ、志多らの舞台創作の根幹となっています。

志多らの語源

志多らの語源

平安時代、農民達の間で広く信仰された神「志多良(設楽)神」より。
神事に手をたたいてうたう歌を「志多ら歌」といい、子供が手拍子をとって歌う遊戯としても日本各地に残っています。
現在の「ふしだら」という語源も、太鼓がうまく打てる者を「しだら」、打てない者を「ふしだら」といった事が始まりとされています。
志を持った者達が集まり、ひとつの事を為し遂げていくという意味も込められています。

花祭り

花祭り

室町・鎌倉時代に、熊野の山伏や修験者によって天竜川水系に伝えられた伝統芸能です。
冬の奥三河に八百万の神々を招き入れ、夜を徹して舞いあかし、五穀豊穣、無病息災を祈願します。

リンク:東栄町公式 花祭ホームページ

志多らのあゆみ

1989年
愛知県小牧市にて結成
1990年
本拠地を愛知県北設楽郡東栄町東薗目に移す
1994年
東栄町東薗目の国指定重要無形民俗文化財・花祭に「志多ら舞」を奉納
1995年
NHKテレビ「日本まんなか紀行 二年目の花祭り」で放映される
1999年
セントオルヴフェスティバル・ノールランド音楽フェスティバルに出演(ノルウェー)
2000年
全国太鼓フェスティバル(岩手県陸前高田市)に出演し、NHK・BS放送・ハイビジョン放送で放映される
2002年
愛知県特殊教育推進連盟より表彰される
ブラズ・ブラザーズとDalhalla(スウェーデン)・Molde Jazz festival(ノルウェー)にて共演
第1回 東京国際和太鼓コンテストにて最優秀賞を受賞(組太鼓部門一般の部)
2003年
韓国始興市主催のイベント「韓・日・樂」にて伝統的なパフォーマンスグループ「コットゥセ」と共演
日韓ワールドカップ後一周年・世界民俗芸術祭に出演
北アメリカ太鼓会議の「2003 TAIKO JAM」 にて演奏
喜多郎コンサートにて共演(鳳来寺山開山1300年祭)
2004年
松任国際太鼓エクスタジア2004「太鼓のチ・カ・ラ」に出演
2005年
EXPO 2005 AICHI JAPAN(愛・地球博)にて多数演奏
一龍斎貞水高座50周年特別記念公演「忠臣の義」にて人間国宝の講談師・一龍斎貞水氏、ジャズ舞踊家・三代真史氏と共演
2006年
五木ひろし特別公演(6月2日~25日) 歌・舞・奏スペシャルに出演(御園座)
伝統的なサムルノリパフォーマンスグループ「コットゥセ」と始興市フェスティバル(韓国)他にて共演
「アメリカツアー2006」ロサンゼルス他にて公演、ワークショップを開催
「ライヴ祭来ツアー2006」を全国で公演
2007年
パーカッショニスト加藤訓子コンサート「スピリット」にて共演
韓国伝統演戯団「コットゥセ」とシフン市フェスティバル(韓国)他にて共演
DVD「ライブ祭来」リリース
2008年
「峻嶺の郷(しゅんれいのさと)」ツアーを国立劇場(東京)など全国で公演
「アメリカツアー2008」公演
2009年
志多ら結成20周年ツアー「悠久の道(とこしえのみち)」を全国で公演(~2010年)
DVD「峻嶺の郷」リリース
2010年
「アメリカツアー2010」をアメリカ全土にて公演
上海万博にて演奏
「子どものための優れた舞台芸術体験事業」(文化庁)を実施
奥三河の地域活性化を目的に「NPO法人てほへ」を設立
CD「峻嶺の郷TOUR」リリース
2011年
川中美幸公演(1月2日~26日)に出演(御園座)
「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」(文化庁)を実施(~2013年度)
全国ツアー「美しき、やまとうた~山紫水明」を公演
2012年
全国ツアー「蒼の大地 ~今、ひとつになりて行かん」全国43ヶ所で公演(~2015年)
奥三河観光協議会より「奥三河ふるさと観光大使」に任命される
2013年
愛知県豊橋市と文化芸術振興の提携協定を結ぶ
CD「志多ら Live Selection」リリース
DVD「蒼の大地 ~今、ひとつになりて、行かん」リリース
2014年
「文化芸術による子供の育成事業」(文化庁)を実施(~2017年度)
2015年
愛知県芸術文化選奨 文化賞受賞
東栄町にて「和太鼓 絆 交流プロジェクト」をスタート(以降、毎年3月開催)
2016年
「いのちの力」ツアー公演
2017年
全国ツアー「息吹 ~IBUKI~」(~2018年)
CD「緒(いとぐち)」リリース
2018年
CD「緒(いとぐち)」 iTunes Store他、各音楽配信サイトから配信スタート
30周年記念公演を豊川市、豊橋市、名古屋市で公演(~2019年)
2019年
全国ツアー「いのちの力」、全国ツアー「たすき」がスタート
5月 アメリカツアー(カリフォルニア州、アリゾナ州)

組織図

志多らグループ

代表 西谷 まゆみ
総合統括プロデューサー 大脇 聡

━ 志多らグループ理念 ━

「一心向上」 「感謝」

  • 志多ら

    (有)志多ら

    「企画制作・運営プロダクション」

    代表取締役 大脇 聡
    取締役 加納 千里

    ━ 理念 ━

    「人を結び、
    いのち奏でて、
    伝統を舞う」

    「生命の力を音に」

  • 鼓のみち

    (株)鼓のみち

    「演奏家・人材育成・養成所」

    代表取締役 西谷 まゆみ
    非常勤取締役 清水 良文

    ━ 理念 ━

    「志高く、
    和太鼓の道を歩む努力を続け、
    魅力あふれる人となる」

  • NPO法人てほへ

    NPO法人てほへ

    「志多らファンクラブ・地域貢献」

    理事長 清水 良文
    副理事長 大脇 聡
    理事 数名

    ━ 理念 ━

    「志多らと共に、
    文化の力で地域の元気を創造し
    発信する」

(有)志多ら

代表取締役
大脇聡
取締役
加納千里
スタッフ
小林純子(学校公演・物販)
眞子由香(広告デザイン)
大野厚(映像制作・情報発信)
和田健吾(公演企画・制作)
小木曽範雄(プロモーション)